女性も使いやすい優良出会い系・恋活アプリのリアル体験記。エアプなし

女性に優しい出会い系・恋活アプリ体験記 ココモ

出会い系体験談

【YYC体験談】入院中の暇潰しだったのが…

更新日:

・この記事を書いた人:サラナ(32)
・お相手の名前(仮名):ゲン(33)
・お相手のステータス:独身のサラリーマン
・お相手の見た目:かっちりしてる
・お相手のキャラクター:真面目
・会うまでのやり取りにかかった期間:4日(2018年3月)
・会ってどうなったか:お話しだけ
・そのお相手との現在の関係:病気が治ったらデートをするつもり
・出会ったサイト・アプリ:YYC
  ⇒YYC登録がまだの方はこちら
  
  

どんなふうに知り合いましたか

長期入院を余儀なくされた私が暇潰しに始めたのが、入院して友達になった患者友達に教えられたYYCでした。
その子は暇さえあればスマホをいじってるような子で、出会系アプリの利用経験が長く、今まで多くの男性と出会っても危険な思いをしたことがないとのことで、強くすすめられてやってみることにしました。
その子に登録まで行ってもらい後は「待て」とのこと。
友人はこまめに待ち合わせをして、タイプではなかったら急用が入ったからと言って帰ることが平気でできますが、私は恋愛経験が少ないこともあり、1つ1つのメッセージに返信をしていました。
その様子を見ていた友人が、「一々返信をしていたら、返信だけで1日終わっちゃうよ」と言われたので、私は気の合いそうな男性に絞り3日間メッセージのやり取りをしてみました。
メッセージのやり取りを始めて最初の週末、彼から「お茶だけしません?」。入院中であることを知ってのお誘いです。私たちは最寄り駅で待ち合わせることにしました。
  

会ってみてどうでしたか・どうなりましたか

入院をしている病院から最寄り駅までは徒歩3分、駅には既に男性が待っていて、ジャージ姿の私を見つけるとその男性はニコッと微笑み近づいて来ました。
彼は私より1歳上の33歳、落ち着いた感じで、恋愛経験の少ない私はホッとしました。徒歩で来た私を彼は「具合が悪くなったら言ってね」と気遣ってくれました。カフェに行った後、二人で向かったのは私が入院している病院でした。
私は、「精神病患者、嫌じゃない?」と思い切ってきくと、彼は「ううん、治したいから入院しているんでしょ?」、「治ったらドライブへ行こう」と言ってくれました。その日の彼とは2時間ほど話し、軽くハグをして別れました。
 
出会系アプリなんかで恋愛は出来ないと思ってた私はどっかに消えて、入院中の唯一の生きがいは彼からのLINEを見ることになりました。
それからは心のバランスが少しずつ良くなり、彼とのドライブのためにがんばらなきゃと思えるようになりました。
現在、退院はできましたが、それでもデートできるまでは自信が回復してなくて、今は彼にLINEで励まされながら治療を続けてます。
 
 

ちょっとした感想やアドバイスなどあればお願いします

私のような人でもいい出会いがありました。
自分が傷付きたくなかったら相手も傷付けない、ネットの出会いでも同じことで、自分の気持ちは必ず相手にも伝わるから、初めての人に対しても真心で接すれば良い出会いになるんじゃないかなと私は思ってます
 

今回彼女が出会ったサイトは⇒

YYC

 
 

-出会い系体験談
-, , ,

Copyright© 女性に優しい出会い系・恋活アプリ体験記 ココモ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.